読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイノリティな旅ブログ

平成生まれが知らない、面白い日本を発見します。

【東京】伝統銭湯を満喫したければ“帝国湯”へ行こう!

銭湯好きではなくても、おっ?!と足を止めてしまうような荘厳な建物。 入り口の磨りガラス。読めない。 宮造り・木造の銭湯は東京に数あれど、番台がフロント形式に変更されていたりと、所々で雰囲気が損なわれるような改装がされていることが多い。それは…

【北九州】門司港の繁栄の跡。巨大料亭“三宜楼”

かつては外国との貿易で栄え、今は“門司港レトロ”として人気の観光地である門司港だが、海沿いに並ぶ洋館建築以外にも当時の繁栄を偲ぶ建物が残っている。 高級料亭として建てられた“三宜楼”は門司港駅から海を背にして少し歩いた所。 古い建物が並ぶ静かな…

【松山】蜷川実花とコラボで道後温泉がお洒落に。見られるのは2月29日まで!

言わずと知れた重要文化財、愛媛県松山市の道後温泉本館が、昨年より期間限定ですごくお洒落になっている。 障子を色鮮やかな花柄の写真に代えてある。 これはセンスある。 ありそうでなかったこんなイベント。 古くさいイメージのある伝統建築にお洒落な印…

【北九州】大正7年築の「高橋酒店」で“角打ち”。昼から飲むビールが最高!

北九州と言えば小学校で習った「北九州工業地帯」くらいしか思い浮かばない。 その程度の知識でやって来た北九州市は、初めて訪れる九州地方の都市だった。 門司レトロはさらっと観光する程度にして、「労働者の町」で育まれてきた工業地帯ならではの文化を…

【愛知】これぞ激渋銭湯。龍城温泉でタイムスリップ!

何事にもきっかけは存在するもの。 私が“激渋”な銭湯を巡るきっかけとなった銭湯が、愛知県岡崎市の「龍城温泉」なわけです。 愛知の銭湯ファンの間で龍城温泉は“伝説”と言われているらしいが、それも納得の空間。 場所は岡崎城から東海道を挟んですぐ。龍城…

【大阪】マル屋ならコーヒー1杯160円!「レイコー」で注文が通る喫茶店

大阪市西成区の天下茶屋駅から10分。昭和の雰囲気に満ちた銀座商店街を歩き、古~い喫茶店マル屋にやってた! 「喫茶マル屋」「グリルマルヤ」と二つの看板が出ているがどちらが正しいのか。 いざ中へ…といきたいところだが、足を止めざるを得ないものが店の…

【東京】上野のコリアンタウンで食べた焼肉が美味すぎた。

上野にもコリアンタウンがあるなんて知りませんでした。 友人に連れられ上野駅と御徒町駅の間のあたり、東上野町にやってきた。 突如現れるネオン群。眩しい! 「大衆焼肉」の文字に心躍る。

【広島】因島の紅梅湯が渋すぎてレトロどころの騒ぎじゃなかった

こんな空間が実在するのが未だに信じられない…奇跡だ… 尾道駅からバスで1時間。 尾道市街からしまなみ海道を渡り約50分、因島の土生港まではるばるやってきました。 我ながら何やってるんでしょうね?普通高い交通費出してこんなとこまで来ないですよね。…

【京都】古都での銭湯デビューは柳湯がオススメ

京都はすごい町だ、何度でも行きたい。飽きない。 三条駅または三条京阪駅から徒歩5分。 この柳湯は京都での銭湯デビューにぴったりだな、と思った。 昭和6年築。京都の銭湯によく見られる町家風建築。趣しかない!最高! 80年越してると発するオーラが違う…

【大阪】弁天町の寿温泉はレトロで設備も充実

大阪の弁天町にある寿温泉。 昔はただの銭湯であっても“温泉”と呼んだので、ここが天然温泉という意味ではない。 環状線の弁天町駅から徒歩5分。 人気の全く通りを歩いていくと、ザ・大阪銭湯が現れる。

【ミャンマー】ヤンゴンのデートスポット“ハッピーゾーン”が緩すぎる。

ミャンマー最大の都市ヤンゴン。 今世界で最もイケイケドンドンなこの都市にあって「あぁいつまでもこの緩さを失わないで欲しいなビルマ人」と思わせてくれた場所がある。

【トルコ】草原に放置された廃墟群、アニ遺跡がすごい

まだ学生だった頃の話。初バックパッカーでの海外旅はトルコを1ヶ月間かけて一周したんですが、その中でも特に印象に残っていて「もう一生来れないだろうな…」と思ったのがアニ遺跡でした。 トルコといっても東の端のアルメニア国境付近にあって短期の旅じゃ…

【広島】知られざる名銭湯、日の出湯

広島市の安芸区矢野には、知る人ぞ知る広島が誇る名銭湯がある。 広島駅から4駅、呉線の矢野駅からは徒歩10分ほど。 風情のある日本家屋が並ぶ細い道を歩いていくと、レンガの煙突が見えてくる。 (日の)出湯

【萩】築100年。元遊廓の宿、芳和荘。もう普通のホテルなんて考えられない!?

世界遺産登録や大河ドラマ「花燃ゆ」の影響で最近訪れた人も多いであろう山口県萩市。 戦災や大規模な開発を免れ、昔からの都市の景色を残す街。 萩への旅の下調べをしていたところ、とんでもない宿を見つけてしまった。

銭湯に行かない理由が分からない

偶然にも今日は某番組で銭湯芸人が出ているみたいですね。 全国で銭湯の廃業が相次いでいます。 若い世代では一度も行ったことがない、という人も少なくないでしょう。 平成生まれの私も幼いころに銭湯に通うという経験はしたことがありませんでした。 しか…

テレビのない生活

一人暮らしを始めて1年半が経った。 いまだにテレビを買っていない。 ①世の中の出来事は把握できる。 今時、スマホですぐ見られますね。 ②ストレスがたまらない。 ニュースで報道することって、基本的にネガティブなことが多いような気がする。 ネガティブな…

民族じゃなくて民俗

高校生くらいの時って、民俗学っていう響きに惹かれたことありませんか? 自分は歴史が好きだという自覚があった。 学校の勉強でも歴史が一番得意だったし、その影響で大学でも休みの間は旅ばっかりしていた。 でも最近「あれ?俺がほんとに好きなのって歴史…

刺激的な都市

引越したい。 自分が住む場所くらい自分で決めていいじゃないか・・ 日光が遮断されたオフィスの中、眉間にしわを寄せた中高年に囲まれながらひたすらキーボードに数字を打ち込みながら、ふと思った。 銭湯と商店街と純喫茶と大衆食堂のある街に住みたい。 2…